●礼拝順序●
 
○主の日の礼拝順序 

 (前奏)
      神の招き


招詞 
頌 栄  539
招きへの感謝(罪の告白)


主の祈り
交読文 (七つの悔改めの詩編)
賛美歌
    御言葉







 
聖書
祈祷
讃美歌
説教

※聖礼典(洗礼式、聖餐式)

讃美歌
    感 謝


 
信仰告白
使徒信条(聖餐式の時はニカイア信条)
献金
(報告) 
     頌栄
     祝祷
(後奏)
 


 ○順序の説明

 「神の招き」 
  礼拝は、神の招きによって会衆が集い、行うものですから、
司会者が「招詞」を朗読し、礼拝が始まります。
  
 招きへの感謝(罪の告白)
 神に招かれた者は、まず自分の罪を認め、罪を悔い改めます。
主イエスに教えられた「主の祈り」をもって神の招きに感謝し、
応え、また交読文は聖書の御言葉(悔い改めの詩篇)を朗読し、罪の告白をします。
 
 御言葉
 「御言葉」とは神の御意志ですが、礼拝において、特に私たちの罪を赦すという
神の御心が明らかにされます。
罪の赦しは、キリストの十字架によって成就したわけですから、
この御言葉の部分全体で、キリストの十字架があらわされるということに
留意すべきです。
※説教は「見えざる神の御言葉」、聖礼典(洗礼と聖餐)は
「見える神の御言葉」と呼ばれてきました。
 
 感謝
 罪の赦しの宣言を受けた者は、それを感謝するのが当然であります。
その感謝の応答が「信仰告白」であり、「献金」です。
「信仰告白」には「ニカイア・コンスタンティノポリス信条」と「使徒信条」を用います。
「信仰告白」も「献金」も自分自身を神に捧げる意味を持ちます。
「人は心で信じて義とされ、口で公に言い表して救われるのです。」(ローマ10:10)
とある通りです。
最後に神の栄光を讃美する「頌栄」と、会衆への祝福である「祝祷」をもって、
礼拝が終わります。
 
 さらに詳しくお知りになりたい方は、主日の礼拝指針をご覧ください。
 

もどる